向山です。

このページでは、ひとり塾スタンダードコースで私から提供させていただく特典企画についてご案内しています。

「ひとり塾スタンダードコースとは何?すぐに知りたい!」

と思われましたら、ページの下部にある「特典企画に参加する」のボタンをクリックして、塾の募集PDFファイルをご覧ください。

価格や期間など内容をひと通りご覧いただけましたら、当ページに戻ってきてください。

 

▼▼動画でも特典企画について解説しています▼▼

ひとり塾スタンダードコースについて

実際に参加している、ひとり塾スタンダードコース(以下、ひとり塾)についてお話しさせていただきます。

ひとり塾とは、

ひとりで有料・無料のコンテンツを作り、コンテンツを並べるお店を持ち、コンテンツビジネスを展開する方法を、他の塾生さんとともに学んで実践する場

です。

塾長さんも強調されていますが、デジタルコンテンツを作るのも、お店を作るのも、実績は不要ですし、資格も不要ですし、年齢も性別も関係ないですし、ハンディがあろうとなかろうと、誰にでもできます。

誰でもコンテンツを作っていいし、コンテンツを並べる店を作っていいんです。

家にネット環境とパソコン、スマホがあれば、誰にでもコンテンツは作れますし、お店を開けます。

お店に有料コンテンツがあれば、買っていただけたら、あなたの収入になります。

そもそもコンテンツって何?

そもそも、コンテンツとは何か、と私がひとり塾で学んだ経験をふまえて、定義をさせていただきます。

コンテンツとは、人に喜んでいただける、面白がっていただける価値を形にしたもの

です。

形はいくつもありまして、

・動画・音声・PDFといったデジタルコンテンツ
・オンラインセミナー
・マンツーマンのコンサルティング
・目に見えて手に取れる有形の商品

です。

ひとり塾ではコンテンツを受け取る側ではなく、作る側にまわります。

そして、コンテンツをいくつも作れる数々の武器を、塾長さんから提供していただけます。

武器があれば、コンテンツが作れない、アイデアが思い浮かばないという悩みはなくなります。

いつでもコンテンツを作れる力を、ひとり塾で身につけることができます。

コンテンツビジネスをアイドルにたとえる

コンテンツの定義をしましたので、コンテンツビジネスについても、定義をしておきます。

コンテンツビジネスとは、

お客さまに喜んでいただける価値あるものを、コンテンツの形にして、提供すること。

次から次へとお客さまを飽きさせない面白いコンテンツを提供し続けて、ファンになっていただいて、リピートしていただくこと。

自分とファンのみなさんとのゆるいコミュニティを作って、お互いにつねに何かに挑戦しながら、変化が早く激動する現代社会を楽しんで生き抜くこと。

です。

上記のようにコンテンツビジネスの定義を聞くと、なんだか難しそう、と感じるかもしれません。

ですが、よく世の中を観察すると、いろんなところで形を変えてコンテンツビジネスが展開されているのがわかると思います。

思いつく例としては、アイドルです。

アイドルという「人」そしてアイドルが提供する「歌や踊り」が主力のコンテンツです。

そして、アイドルにはファンがつきますから、コミュニティができますよね?

細かくいうと長くなってしまうので省略しますが、ざっくりというと、歌や踊り、そして、ファンクラブで収入を多く得ていますよね?

アイドルはつねにコンテンツビジネスをしているし、私たちはずっと見続けてきています。

私たちはアイドルにならなくてもよいですが、人に喜んでいただけるコンテンツを提供して、ファンを作っていく、というのは同じです。

そして、あなたと私が目指すのは、コンテンツビジネスを実践する側にまわって、価値を提供し、ファンのみなさんとコミュニティを作り、収入を得ながら楽しむことです。

あらゆるジャンルでコンテンツは作れる

ここからは話が変わります。

あちこちにあるビジネス塾についてです。

ビジネス塾と聞くと、お金稼ぎ系のコンテンツを作らなければならない、と思われるかもしれません。

もちろんお金稼ぎ系はみんなのウケが良いので、その手のコンテンツを作ろうとする方が多いし、お金稼ぎ系のコンテンツを作りましょうと教える塾も多いです。

みんなお金が欲しいし、お金の稼ぎ方のノウハウを求めているからです。

私も金銭欲があるので、ひとり塾に参加するまではお金の稼ぎ方ばかりを求めていました。

 

しかし、ひとり塾に限っていえば、必ずしもお金稼ぎ系にジャンルをしぼる必要はなく、あらゆるジャンルのコンテンツやお店をたった一人で作ることができます。

ひとり塾のすごさは、お金稼ぎ系以外のジャンルでコンテンツやお店を作ったとしても、塾生さんがマネタイズできるような環境が整っているところです。

たとえば私であれば、

・20年以上当事者としてかかわっているLGBTQの経験と知識
・20年以上共生しているパニック障害からの経験やメンタルヘルス
・5年以上前に経験した卵巣がんからの経験や知識

上記の3つを必要とする方に向けて、わかりやすくコンテンツを作っていきます。

お金を稼ぎたい方にとっては、上記の3つのジャンルは不要ですが、LGBTQ・メンタルヘルス・がんという当事者さん、または、関係者の方にとっては、コンテンツを必要とする方がいらっしゃいます。

だから私は、3つのジャンルで必要とする方に向けてコンテンツを作り、お店にならべます。

また、未来に向けて、目標を定めて、期間を決めて挑戦したいこともありますので、そのこともコンテンツにしていく予定です。

挑戦したいことの候補はいくつかあるのですが、タイミングを見て挑戦して、コンテンツ化したいと思っています。

まとめますと、お金を稼いだ実績がなかったとしても、年齢も性別も関係ないし、ハンディがあったとしても、

・過去の知識や経験
・今から未来に向けて挑戦すること

をコンテンツにしてお店にならべて、自らが店主となることができます。

そして、コンテンツを必要とする方に、価値を感じて、喜んでいただけたら、ありがとうの対価をいただけて、収入を得ることができます。

稼ぐことへの執着がなくなった

私は今まで、お金稼ぎ系というせまいジャンルで頑張ろうとしてきましたが、失敗と挫折の連続で全然うまくいきませんでした。

全然うまくいかないので、今度こそ稼げるようになるぞ、と思って、稼ぎ方のノウハウを買っては、メンタルの弱さ、そして身体の弱さもあってやめてしまうことを繰り返してきました。

でも、ひとり塾に参加して気づきました。

お金稼ぎ系をがんばるからダメなんだと。

だから、ひとまずお金稼ぎ系は横に置くことにしました。

 

私は、日本人の中ではLGBTQという少数派ですし、多数派の方が経験してないことを経験していて、知識がそれなりにあるのだから、活かさないともったいなあと思うようになりました。

自分の過去や経験や知識をコンテンツ化するという、未来に向けての挑戦を始めると決めました。

「あ、もうお金を稼ごうとがんばらなくていいんだ」

と10年にわたって、お金にしがみついてきたしんどさから解放されました。

お金にしがみつくしんどさから解放させてくれたひとり塾には、感謝しています。

30日間1kmウォーキングからコンテンツ

とはいっても、

「向山さんは珍しいからいいけど、私なんて個性も何もないつまらない人間だし、どうしたらいいの?」

とおっしゃるかもしれません。

私から自分はつまらないと思っている方に対しては、

「未来に向けてやりたいこと、または、現在やっていることでコンテンツにできることは必ずあるはず」

と声を大にして言いたいです。

たとえば、健康のためにウォーキングをしたいなあとぼんやりと思ってるとします。

ウォーキングをするのは、ダイエット目的かもしれませんし、運動不足を解消する目的からかもしれません。
(余談ですが、私も腰痛持ちのため、改善のためにウォーキングをする必要があります。)

では、ひとり塾の教えにそって、期間と目標を決めてみましょう。

30日間毎日1kmウォーキングする

はどうでしょうか?

1kmの部分は、5000歩といった歩数にしてもいいかもしれませんね。

ウォーキングする場所は、外でも屋内でもかまわないので、とにかく「1日で1km歩く」を目標とします。

 

あなたはTwitterアカウントを取り、ブログを設置して、30日間毎日Twitterやブログで、1日1km歩いた記録を書いていきます。

ウォーキングは3日坊主で終わりやすい挑戦だと思いますが、Twitterやブログは誰かに見られていますので、「見られてる、歩かなきゃ!」というモチベーションが生まれますよね?

Twitterは1日の終わりに、1km歩いてみて起こった出来事や感想をツイートします。

ブログについては、日曜日にツイートを見ながら、1週間を振り返るような記事を書けばよいですよね。

あなたが作ったTwitterやブログについては、ひとり塾に参加していただけたら、私や塾長さん、塾生さんが見ていますし、Twitterであればいいねやリツイートで拡散できますから、より多くの人にチャレンジを見ていただけます。

Twitterやブログを露出することで、「30日間1km歩くんだ!」というチャレンジは、あなたと同じように、「ウォーキングしないとなあ」という一定数の方たちに見ていただけます。

「今日は歩けたのかな?どんな思いだったのかな?どうなっていくのかな?」とまるでドラマを見るような物語として、あなたのチャレンジを見ていただけます。

他人の物語を見るのは面白いですから、あなたのチャレンジをいい意味で面白がって見ていただけます。

いい意味で面白がられるということは、あなたのファンができるかもしれないんですね。

ウォーキングをしようとしている人には、「よし、私もやってみよう!歩くぞ!」と勇気づけるかもしれませんよね。

 

それと、あなたの「30日間毎日1km歩く」のと、他の人の同じチャレンジは、過程も結果も異なります。

他の人は30日も続かずに5日しか続かないかもしれません。

また、外で歩くとしたら、住んでいる環境が違いますから、見ている風景も違いますので、感じ方が違いますよね。

歩いてる時に音楽を聴くのか聴かないのか、聴いてるとしたら、どんな曲をかけているのかも気になりますし、聴いた曲なんかをツイートすると面白いと思います。

まとめると、あなたの「30日間毎日1kmウォーキング」のチャレンジは、全世界に公開するあなただけの面白い物語です。

 

そして、30日間コツコツとツイートしたり、ブログに書いたりしてきたことを、コンテンツにまとめることができるんですね。

コンテンツはゼロから作る必要はなく、ツイートやブログ記事をリライトしたものでいいんです。

コンテンツにまとめることで、読み物として面白いですし、ウォーキングしなきゃな~と思ってる方にとっては、貴重な資料となります。

「30日間毎日1kmウォーキング」のコンテンツは、私だったら無料で公開して、お店に並べます。

30日のウォーキングから3万円?!

えっ?ここで終わりではないですよ?

無料であってもコンテンツを受け取るためには、お店を経由して、メルマガに登録していただくことになります。

メルマガで、コンテンツに書ききれなかったエピソードや、体重や体脂肪が減ったなどのお話を読者さんにしていきます。

ウォーキングを軸にして、身体の話、メンタルの話といろいろと展開していけます。

メルマガのネタに困ったら、Twitterの過去のツイートやブログ記事を見返してもいいですよね。

メルマガを通じて、読者さんとの信頼関係を築いていきます。

そして、タイミングを見て、ウォーキングで使った商品を紹介(アフィリエイト)したり、あなたの有料のコンテンツを販売するんですね。

たとえば、有料のコンテンツは3,000円に設定するとしましょう。

3,000円だと分厚い書籍の価格くらいですね。

5人に買っていただけたら15,000円、10人に買っていただけたら30,000円の収入になります。

もっと広げますと、「30日間ウォーキングしたら3万円稼げました」というノウハウを、有料コンテンツにしたら、さらに収入は増えます。

「なんで30日間ウォーキングしたら3万円も稼げるの?」と、興味をひきますし、ノウハウがほしい人はコンテンツを購入するかもしれませんよね。

ありそうでなかった塾

どうでしょうか?

はじめはぼんやりと思いつきで始めてしまった、「30日間毎日1kmウォーキング」から、挑戦と行動記録をつけて、コンテンツ化したら、収入につながるんですね。

誰でもできる挑戦から収入につながる一連の方法を、ひとり塾で教わることができます。

稼いだ実績はいらないし、年齢も性別も関係ないし、ハンデがあったとしても、未来に向けて何かに挑戦することはできますよね?

また、先ほども書きましたが、特定の人に喜ばれそうな過去の経験や知識があるのなら、もうすぐにでもコンテンツ化しましょう。

「未来への挑戦」と「過去の経験や知識」をコンテンツにして、お店で販売して、お客さんと信頼関係を築いてリピートしていただく方法を、1年間にわたって実践しながら学べるのがひとり塾です。

とくに、実績がなくても「未来への挑戦」をコンテンツにして、収入につなげる方法を教えてくれる塾はありそうでなかったです。

コンテンツも企画も無限に生み出せる

ひとり塾でのあり方・やり方を学んだら、コンテンツは無限に作れますし、企画もいくらでも生み出せます。

企画でいうと、ウォーキングの例でいえば、30日だとハードルが高ければ、

「私と一緒に2週間1kmウォーキングしませんか?」

といった企画を立てて、「30日間毎日1kmウォーキング」のコンテンツをプレゼントすることで、参加者をつのって、記録をTwitterかチャットワークで報告してもらいます。

自分は企画の主催者として、参加者さんのお手本として、ツイートとブログ記事で行動記録をつけます。

参加者さんが10人いたとしたら、10人分のフィードバックが集まってくるので、たとえば「10人で毎日2週間1kmウォーキングしてみた」という面白いコンテンツを作れます。

自分と参加者さんの変化をコンテンツにするんですね。

10人の物語は面白いに決まってますよ。

参加者のみなさんとで作ったコンテンツですので、参加者さんには無料で提供して、参加者以外の方には有料で提供してはどうでしょうか?

企画からのコンテンツ提供からの収入という流れができますよね。

汗をかく同志と集客の手助け

ここまでの話で、

期間を決めて記録を取りながら挑戦して、
挑戦したことをコンテンツにしてお店に並べて、
さらにコンテンツや企画を作って提供して・・・

と聞くと「大変そう」と思われるかもしれませんね。

経験から正直に言いますと、挑戦もコンテンツ作りも、時間も労力も使いますから大変だし、しんどいです。

人に価値を提供する作業は、脳も身体も汗をかくので、楽はできません。

「楽に稼ぐ方法なんてなくて、コツコツやるしかない」

は本当にそう思います。

大きく稼いでおられる方は、表向きは楽してるように見えても、つねに脳にも身体にも汗をかいています。

でも、ひとり塾にいれば、挑戦やコンテンツ作りの大変さを共有できる塾生さんがいます。

塾長さんも教えてくださるだけではなく、常に何かに挑戦し続けるプレイヤーとして動いていらっしゃいます。

私たちに有益な情報を提供してくださるために、検証を続けていらっしゃいます。

ともかくも、「大変だな~しんどいな~」と感じたら、遠慮なくすぐに私に声をかけてくださいね。励ましますし、一緒に考えますし、集客をお手伝いさせていただきます。

 

そして、一番頭を悩ませて、つまづく「集客」は、塾長さんや、私も含めて、有志の塾生さんが手伝います。

それに、塾長さんのショッピングモールのようなお店に、塾の後期で自分のお店を並べる権利をもらえる予定ですので、「集客」については、安心していただければと思います。

未来への挑戦をみんなで楽しく実践

先ほどの例でもあげましたが、

未来への挑戦や過去の経験と知識から、ひとりでコンテンツや企画をいくつも作り、ファンを増やしてコミュニティを作り、ファンのみなさんと共に楽しく収入を増やしていく

といった面白くて楽しいことを、仲間とともに実現できるのが、ひとり塾なんですね。

コンテンツビジネスを実践していく上で、必要となるあり方・やり方を学べて、塾生さん、塾長さんと共に未来に向けて、各々の未来に向かって挑戦していきます。

コンテンツや企画をいくらでも作れる武器は、塾長さんが惜しみなく提供してくださいますし、助言も素早くいただけます。

私も全面バックアップさせていただきます。

もちろん、ビジネス塾であるからには、私も含め、塾生さん全員の目的は、それなりの収入を得ることではあります。

 

ですが、そこらじゅうにあるビジネス塾とは、ぜんぜん違います。

大きな違いは、必ずしも、「お金を稼ぐノウハウの実践」をテーマに掲げなくてもいいんです。

もちろん、アフィリエイトといった、直接収入につながることを実践してもかまいません。

ですが、稼ぐこととはかけ離れたテーマであっても、最終的には収入につなげられるように、ひとり塾ではカリキュラムが組まれています。

私も、LGBTQ・メンタルヘルス・がんというテーマを扱いますが、少し遠回りになりますが、
最終的には収入につなげるように計画を立てて、コツコツと実践しているところです。

それも、ひとりぼっちで実践しているわけではなく、何かあればすぐに塾長さんに質問できますし、グループチャットで塾生さんとつながっていますから、一緒に取り組める環境があります。

ひとり塾スタンダードコース
特典企画のご案内

今までひと足お先にひとり塾で学んで実践してきて、私がどう思っているのか、これから参加される方にどのようなメリットがあるのかをお話しさせていただきました。

ひとり塾は1年間という期間がありますし、教わる内容も豊富で、かつ、集客を手伝ってくださる環境があります。

恵まれたひとり塾の環境に加えて、私から提供させていただく特典企画で、さらにあなたが有意義で楽しい1年を過ごせるように、全力で後押しをします。

それでは、あなたがひとり塾で学び、実践をする後押しをさせていただく特典企画についてご案内をいたします。

特典企画名は家に城下町

特典企画名は

家に城下町

です。

外に出なくても、家にいながらにして、自分のお城(コンテンツとお店)を作り、ファンとなるお客さまと城下町(コミュニティ)を作って、楽しくコンテツビジネスを実践しいただきたいという思いから、特典企画名を決めました。

そして、ファンとなるお客さまも城下町(コミュニティ)からお城(コンテンツ)を作りますから、お城があちこちに立つコミュニティを作っていくのが理想ですし、お手伝いをさせていただきます。

ちなみに、ひとり塾の募集PDFファイルには、コンテンツとお店を「お城」にたとえているので、企画名を考える時のヒントにしています。

特典企画の形式と注意事項

特典企画の特典コンテンツの形式は、

・コンテンツは基本的に動画とPDF
・サポートは、チャットワーク、メール、Zoom(顔出しなし)、希望に応じてクラブハウス(クローズドルームでマンツーマン)、スカイプ

を使います。

特典コンテンツは、家に城下町のかわらばんこと参加者専用のメールマガジンと、家に城下町の大奥こと参加者専用サイトで提供させていただきます。

参加者専用サイトはパスワード保護をしています。定期的にパスワードを変更します。

かわらばんを登録を解除されますと、ひとり塾のカリキュラム中であっても、特典コンテンツを受け取れないのでご注意ください。

特典コンテンツの一覧

特典企画で提供させていただく特典コンテンツの一覧です。

1.#自分のコンテンツ化の設計から発展まで舞台裏を実況します
2.城下町をつくる材料保管庫
3.挑戦企画を全力応援!
4.城下町研究所
5.一年半ご意見番
6.あなたのコンテンツをガチで紹介します
7.有料コンテンツの先行販売割引購入権
8.隠密特典

のちに特典を追加する場合がありますが、かわらばんと大奥に登録している状態であれば、無償で提供させていただきます。

それでは、特典企画の各特典コンテンツについてご案内させていただきます。

特典1#自分のコンテンツ化の設計から発展まで舞台裏を実況します

これから私は、LGBTQ・パニック障害・卵巣がんサバイバーとして得てきた経験や知識と、リアルタイムで挑戦していることを、現在必要としてる方と後世の人たちに、コンテンツとして提供していきます。

つまり #自分のコンテンツ化 です。

ハッシュタグ(#)をつけているのは、Twitterでタグをつけてツイートしているからです。

#自分のコンテンツ化 で何を目標として、どう設計して、何に挑戦して、結果がどうなったのかを、リアルタイムでお伝えしていきます。

あなたが城下町、つまり、コンテンツとコミュニティを作る時に参考にしていただいて、パクれるところはぜひパクってください。

また、ともにコンテンツ作りに励んでいるんだなあとモチベーションに使っていただいてもかまいません。

舞台裏の実況を具体的にいうと、1年間にわたって、月2回のZoom会議で実践報告を行います。会議は任意参加で、参加者さん全員にあとで録画した動画を提供します。

月2回のZoom会議の動画だけではすべてを伝えきれないので、大奥(参加者専用サイト)でもテキストで実践報告をします。

 

提供期間:2021年6月以降の1年間

実況を始める時は、チャットワークグループと参加者専用メールマガジンでお知らせいたします。

特典2城下町をつくる材料保管庫

城下町、とくに、コンテンツを作るためには、材料が必要です。

当特典では、コンテンツを作るために実際に使っているソフト、サービス、機器について解説しています。

コンテンツの形式は、主に動画・音声・PDFがありますが、あなた自身の力でいつでも動画・音声・PDFを作れるようになっていただきたいです。

パソコンスクールに通わなくてもコンテンツは独学で作れますし、実績がなくてもコンテンツはいくらでも作れます。

また、時代が進むにつれて、使えるものが変わるので、その都度紹介していきます。

コンテンツ作りに必要なものは、ひとり塾では触れられていない部分なので、補足して紹介と解説をしています。

特典3挑戦企画を全力応援!

ひとり塾では期間を決めて何かに挑戦する企画を自分で決めて、Twitterやブログで実況していき、のちにコンテンツ化することを推奨しています。

そこで、1つの挑戦企画で、あなたが定めた期間(最長3ヶ月)に限り、全力で応援サポートをさせていただきます。

先にたとえていた「30日間毎日1kmウォーキング」でしたら、30日間は必須で、コンテンツの作成まで最長3ヶ月間のサポートをさせていただく、という形になります。

具体的には、テーマや期間の決定、Twitterやブログの使い方、コンテンツの作成、励ましも含めて、全力でで応援させていただきます。

期間内は、チャットワークとメール、Zoom(顔出しなし)、クラブハウス(クローズドルームでマンツーマン)またはスカイプによる通話サポートを回数無制限で提供いたします。

 

提供期間:ひとり塾スタンダードコース参加後1年間のうち最長3ヶ月まで

特典4城下町研究所

城下町研究所とは、参加者専用のチャットワークグループです。

特典企画に参加していただけたら、チャットワークグループに参加していただけます。

原則は、ひとり塾のチャットワークグループをメインに使っていただき、城下町研究所グループはサブとしてお使いください。

みんなでコンテンツビジネスの実践報告をしたり、私からのコンテンツビジネスの情報に関するシェアや、参加者さんからのご質問にみんなで回答するなど、ひとり塾のグループよりはゆるいコミュニティとなっています。

 

提供期間:現時点では期限をもうけていません

特典5一年半ご意見番

ご意見番とは、サポートのことです。

ひとり塾、特典企画、コンテンツビジネス、アフィリエイトなど、どんなに小さいことでも、ご質問やご相談を受け付けています。

どのようなご質問やご相談を受け付けているかといいますと、

・ひとり塾および特典企画の内容
・コンテンツを作るためのスキル
・コンテンツのアイデア出し
・コンテンツビジネス全般
・オフラインビジネスへの応用
・アフィリエイト(PPC以外)
・TwitterやYoutubeほかSNSの運用
・クラブハウス全般および活用法

など幅広く受け付けています。

期間は、あなたがひとり塾スタンダードコースに参加してから1年半です。

ひとり塾の期間より半年長くしているのは、コンテンツやコミュニティ作りには時間がかかるからです。ですので、ひとり塾の1年間が終わっても、安心してコンテンツビジネスに取り組んでいただけます。

個別チャットワークとメールによるサポートは、回数無制限で受け付けています。

Zoom(顔出しなし)は、18回(月1回×18ヶ月)まで受け付けています。通話は1回につき、2時間程度です。

また、クラブハウスのクローズドルームによるマンツーマンでの通話かスカイプでの通話をご希望される場合も対応いたします。

なお、「3.挑戦企画を全力応援!」の通話し放題の3ヶ月に加えて、通話は18回できます。

文字でのやりとりでは誤解を生みやすい、伝わりにくい部分がありますので、遠慮なく私をご意見番としてお使いください。

 

提供期間:ひとり塾スタンダードコース参加後1年半

特典6あなたのコンテンツをガチで紹介します

あなたが脳に汗かき、時間をかけて作ったコンテンツを、私のメディアであるTwitter、ブログ、メルマガ内で紹介させていただきます。

コンテンツは無料でも有料でも、どちらも拝見した上で、私のメディアで私の言葉で紹介いたします。

有料コンテンツにアフィリエイト権をつけていらっしゃる場合は、その旨をお知らせください。

コンテンツを紹介させていただくことで、少しは集客に貢献できると思いますので、コンテンツを作られましたら、ご一報ください。

期間はもうけていませんので、コンテンツを作られましたら、無料・有料問わずに申し出ていただければ、コンテンツを拝見した上で、私の言葉で紹介させていただきます。

有料コンテンツにアフィリエイト権をつけていらっしゃる場合は、その旨をお知らせください。

 

提供期間:期限をもうけていません

特典7有料コンテンツの先行販売割引購入権

有料コンテンツを一般販売する前に、私のメルマガ内で割引して先行販売を行います。

割引率は、販売するコンテンツの価格や内容によって異なります。

私のコンテンツをオトクに、かつ、誰よりも早く受け取れますので、コンテンツに興味がありましたら、権利をお使いください。

なお、参加者専用メールマガジンを含めて、私が配信しているメールマガジンからご購読を解除されましたら、権利を使えませんのでご注意ください。

 

提供期間:期限をもうけていません

特典8隠密特典

ひとり塾の塾長さんからの参加者特典として、毎月末にコンテンツマーケティングの解説・演習課題がセットになった特典音声が届きますが、ひとり塾に遅れて参加すると、受け取れる音声が時間がたつほど少なくなります。

ですが、私からひとり塾に参加していただければ、受け取っていない分の音声も受け取れるので、音声がすべてそろいます。

 

提供期間:塾長さんからの特典音声の配布が終わるまで

特典企画への参加はこちら

ひとり塾スタンダードコース特典企画「家に城下町」に参加するには、お支払い方法に応じて下の3つのボタンを選んでクリックして、塾の募集PDFファイルをダウンロードしてください。

決済は、paypal・銀行振込一括支払いと、paypal月額支払いの3つの方法があります。

ひとり塾スタンダードコースの決済をされましたら、下のボタンから、かわらばんこと、参加者専用のメールマガジンへのご登録をお願いいたします。

※参加者専用メールマガジンが確実に届くように、ご登録のメールアドレスはGmailを推奨いたします。

追伸

10年以上前、パニック障害と共生しているため、外で働けない私は、家でできる仕事がないか、ネット上で探し回りました。

私がお金が欲しいというよりも、パートナーの経済的負担を減らしたくて、自ら稼げるようになりたかったのです。

探し回っていると、ネットビジネスにはすぐにたどりつきましたが、体調が不安定になる時があるので、人から依頼されたり、納期の縛りが強いジャンルは難しいです。

となると、残ったジャンル選択肢は、情報ビジネスとアフィリエイトだけでした。

情報ビジネスとアフィリエイトなら、パソコンとスマホとネット回線があれば、自分のペースで作業ができます。

恵まれた時代を生きてるなあと、パソコンに向かいながらシミジミと感じます。

 

しかし、人生の早い時期にパニック障害にかかってしまったため、会社員経験がなく、まして、ビジネスのビの字もわかりません。

情報ビジネスの業界にいると、稼いだ金額が人を測る基準になっているらしく、100万円、1000万円、1億円と稼いでいる人は、「えらい先生」なのだそうです。

えらい先生は、先生が稼いで成功した事例を元にして稼ぐノウハウを作り、見込み客を集めて、教育して、ノウハウを売ります。

見込み客の「お金が心底欲しい」という射幸心をあおり、巧みなセールスで思考停止させて、カードの番号をキーボードでカタカタと打ち込ませます。

ビジネスのビの字がわからないポンコツな私は、ずっと見込み客の側で、カタカタとカードの番号を打ち込むお客さんで、えらい先生の生徒であり続けてきました。

えらいかもしれないけど、信頼していない先生に、生きるためのお金を渡してきました。

今から思うと、なぜ見ず知らずの信じられない人にお金を渡してきたんだろうと、恥ずかしくなります。

 

そして、2020年に転機がおとずれます。

2020年の前半に、情報ビジネスの極致ともいえる高額スクールに参加しました。

スクールといっても、とてもえらい先生が、生徒との心理的な距離を遠くに置き、生徒が成功できないようなカリキュラムが組まれていました。

具体的なやり方を何一つ教えてくれず、すべてが抽象的なノウハウでした。まるで大学の授業を受けているかのような難しいノウハウでした。

とてもえらい先生が一人勝ちできるように、セールスもコンテンツもメルマガも、その後のバックエンド商品のセールスまで、すべてが計算されて作られていました。

スクールに参加して学んだのは、えらい先生が行う情報ビジネスの仕組みが、客観的に手に取るようにわかってしまったことです。

一言でいうと、どうしたら自分を信じない見込み客にカードの番号をカタカタと打ち込ませるか、がはっきりと理解できました。

なぜ自分がえらい先生方にお金を渡し続けてきたのかが、10年かけてようやくわかったのです。

そして、情報ビジネスに限らず、様々なジャンルにおける先生ビジネスが、透けるように見えるようになりました。セールスが行われたら「次はこう来る」というのがわかるようになりました。

情報ビジネスでの、王道をゆくお金の稼ぎ方がわかってしまったので、もう王道系のノウハウは必要ないな、と悟ることができました。

信じられないえらい先生から教えてもらうことはないな、と思いました。

ビジネスのビの字もわからなかったのに、高額スクールの参加という代償があったものの、ビジネスがわかるようになり、少しは成長したようです。

 

高額スクールを終えると同時に、ご縁から参加させていただいてるのが、いまのひとり塾です。

ひとり塾は、王道ともいえる先生ビジネスと真っ向から対立しています。

稼いだ額を基準にしなくてもいいし、そもそも稼いだ実績がなくてもコンテンツは作れます、と断言なさっています。

お金を稼ぐ系にこだわらなくても、あらゆるジャンルでコンテンツは作れるし、コンテンツをもとにしてビジネスができますよ、と教えてくださいました。

ひとり塾に参加すると「面白い」という言葉を何度も聞くことになります。

「面白い」は、コンテンツビジネスを続けていくための核となる要素ですが、それだけではありません。

「そもそも、コンテンツビジネスは面白いし、楽しいよね。

楽しんでる人の元に、特定の人が集まってくるし、喜ばれるコンテンツを提供し続ければ、信頼を得て、感謝の対価をいただけるよね。

そして、お客さまというファンのみなさんと共に未来への挑戦をして、面白いことをして、ビジネスを楽しんでいきたいよね。」

ひとり塾のあり方が腑に落ちた私は、金銭欲への執着が薄れて、

「とりあえずはコンテンツビジネスを実践することで、未来への挑戦を楽しもう」

という方向に大きく変わりました。

世の中の「面白い」を探して、「面白い」思いつきをたくさん浮かべて、「面白い」コンテンツを作っていこうとして「面白い」をビジネスの軸にすると、楽しいんですね。

ワクワクしちゃいます。

 

私は、パニック障害持ちで、卵巣がんサバイバーで、LGBTQ当事者という、日本にいたら負でしかない存在です。

身体が健常な方より弱い上に、生きているだけで世間のマイノリティ(少数派)という、生きづらさを抱えています。

よく40数年も生きてるなあと自分でも思います。

死ぬかもしれない経験をすると、贅沢や娯楽への欲があまりないんですね。

SNSでみなさんが見せるような、自己承認欲求もあまりないです。

人数は少なくてもいいから、信頼できる方、信頼していただける方と、楽しくお付き合いができればそれでいいです。

世間の人からしたら欲が少ないのですが、最後に残った欲は、薄い金銭欲と、子どもを残さない立場化から、自分の経験と知識を後世に伝えたい欲です。

えらい先生にビビるのではなく、同志のみなさんと、「面白い」を軸にしたコンテンツビジネスを楽しく実践しながら、どちらの欲も満たしていきたいです。

 

「ビジネスって面白いんだよ。」

「ビジネスって楽しいんだよ。」

ひとり塾の塾長さんや塾生さんから、ビジネスの面白さと楽しさを教えていただきました。

サバイバルな経験をしているのなら、経験をコンテンツ化すればいいじゃない、とも教わりました。

過去も現在も未来も、「面白い」を軸にしてコンテンツ化して、必要とする方に喜んでいただくことに、楽しみを見い出せばいいんだとわかりました。

楽しいとわかったら実践あるのみです。

現在の私は、やりたいことがたくさんあります。

心身を気遣いながら実践しているので、1日が36時間あっても足りません。

限られた時間の中で、どうしたら喜んでいただけるコンテンツが作れるかな?とモニター画面の前でニマニマしながらも、真摯に目の前のやりたいことに取り組んでいます。

 

最後に。

私のように、外で働けない、組織になじめないけど、家にいながらにして、できれば楽しみながら収入を得たい方がこのページを見ていらっしゃるかもしれません。

在宅で自分にもできる仕事はないか、と探されたかもしれません。

家でできる仕事はココにあります。

過去の知識や経験を使ってもいいし、未来への挑戦からでもよいので、コンテンツを作って、人に喜んでもらいましょう。

「面白い」を軸にすれば、人を喜ばせるコンテンツはいくらでも生み出せます。

家でできる仕事はないかな?とネット上をさまよっているとしたら、私や塾生さん、塾長さんと共に、ひとり塾でコンテンツ作りを楽しんでみませんか?

コンテンツを通じて、自分が「面白い」と思っていただけて、喜んでいただけて、信頼される人間に、私と共に成長していきませんか?

塾長さん、塾生さんと私が、ひとり塾でお待ちしています。

 

 

それでは、ひとり塾スタンダードコース特典企画「家に城下町」で提供させていただく特典の一覧をおさらいします。

1.#自分のコンテンツ化の設計から発展まで舞台裏を実況します
2.城下町をつくる材料保管庫
3.挑戦企画を全力応援!
4.城下町研究所
5.一年半ご意見番
6.あなたのコンテンツをガチで紹介します
7.有料コンテンツの先行販売割引購入権
8.隠密特典

 

ひとり塾スタンダードコース特典企画「家に城下町」に参加するには、お支払い方法に応じて下の3つのボタンを選んでクリックして、塾の募集PDFファイルをダウンロードしてください。

決済は、paypal・銀行振込一括支払いと、paypal月額支払いの3つの方法があります。

ひとり塾スタンダードコースの決済をされましたら、下のボタンから、かわらばんこと参加者専用のメールマガジンにご登録をお済ませください。

※メールマガジンが確実に届くように、ご登録のメールアドレスはGmailを推奨いたします

 

特典企画およびひとり塾スタンダードコースについてご質問がありましたら、どんなささいなことでもかまいませんので、下のボタンをクリックした先からお送りください。24時間以内に返信いたします。

MUKAIYAMA

向山 ダイバーシティの住人
1977年3月生まれのO型/京都市在住/富山県出身

パニック障害・卵巣がんサバイバー・女子生まれのトランスジェンダー(LGBTQ)というダイバーシティの住人です。

家で完結できるコンテンツビジネスとアフィリエイトを実践しています。

<経歴>

2011年よりアフィリエイトと情報ビジネスを開始しました。

しかし、成果が全然出なくて重傷のノウハウコレクターになり、泣かず飛ばずの10年間を過ごしました。

2020年の中旬に、情報ビジネス業界の主流とはまったく違うアプローチでビジネスを展開する方法を学ぶために、私塾に参加しました。

現役のプレイヤーとして次々と面白い企画を主催する塾長さんと、個性豊かな塾生さんと共に、コンテンツビジネスやアフィリエイトへの挑戦と実践を続けています。

信条は、ビジネスも人生もつねに挑戦者。

趣味は、クラブハウス研究、FMを聴く、御朱印集め、ねこをなでること。